印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



updated 2014-06-30

『吉祥寺バウスシアター 映画から船出した映画館』(ラスト・バウス実行委員会著・編/boid発行)載録の年表より抜粋

1984年
バウスシアター13月1日〈オープニング記念シネマ スニーク上映〉「カバーガール」「ジョルスン物語」3月17〜22日「悲しみよこんにちは」「シベールの日曜日」3月18〜23日レイトショー「レベッカ」3月25日〜4月6日「気狂いピエロ」4月9日〜5月11日〈日本映画の巨匠 小津安二郎・木下恵介フィルムコレクション〉「秋日和」「東京物語」「彼岸花」「秋刀魚の味」「カルメン故郷に帰る」「お嬢さん乾杯」「銀座カンカン娘」「上海帰りのリル」「憧れのハワイ航路」「異国の丘」4月28日〜5月18日「トワイライトゾーン・超次元の体験」5月19日オールナイト〈ミュージック・フィルムショウ・イン・バウスシアター第一弾 ボブ・マーリーに捧げるレゲエ&ロック14デイズ〉「レゲエ・サンスプラッシュⅡ」「ロッカーズ」5月22〜24日「ローズ」「ロッキー・ホラー・ショー」6月2〜21日〈ソビエト・シネマ6月祭〉「鏡」「機会じかけのピアノのための未完成の戯曲」「ジャズメン」「惑星ソラリス」7月21日〜8月3日〈サマー・ファイトシリーズ クレージーだよ日本一レイトショー〉「大冒険」「クレージー作戦・先手必勝」「日本一の色男」「日本一のホラ吹き男」「ニッポン無責任時代」「ニッポン無責任野郎」「日本一のゴマすり男」「日本一のゴリガン男」「日本一の裏切り男」「日本一の男の中の男」10月26日〈詩の朗読会・空橇の会〉「恋の山 月の山 詩の事件パートⅢ《阿部岩夫詩集『月の山』より》」(舞踏、8ミリ上映、朗読等)(出演:阿部岩夫、清水哲男、鈴木志郎康、佐々木幹郎、伊藤比呂美、吉増剛造他(ゲスト:中沢新一、内藤正敏)
ジャヴ505月12日〜6月1日〈ニュージャーマン・3ウィークス〉「愛の絆」「フィツカラルド」「エゴン・シーレ」6月30日〜7月20日〈ジョン・フォード特集〉「わが谷は緑なりき」「いとしのクレメンタイン」「怒りの葡萄」7月21日〜8月3日〈ディレクターズ・カンパニー HOT コミュニケイション2ウィークスレイトショー〉「人魚伝説」「風の歌を聴け」「遠雷」「青春の殺人者」「ガキ帝国」「TATTOO〈刺青〉あり」「狂い咲きサンダーロード」「シャッフル」8月25〜31日〈ユーリ・ノルシュテイン特集〉「話の話」「霧につつまれたハリネズミ」「あおさぎと鶴」「ケルジェネツの戦い」9月15〜21日〈ゴダール16ミリスペシャル〉「ワン・プラス・ワン」「ヒア&ゼア・こことよそ」11月4〜8日〈追悼・トリュフォー監督〉「大人は判ってくれない」12月15〜21日〈大林宣彦監督・アンコール上映〉「廃市」「EMOTIN 伝説の午後 いつか見たドラキュラ」
1985年
バウスシアター11月26日〜2月1日〈バウスシアター85年クラシックシリーズ〉「ピクニック」2月2〜17日〈バウスシアター・ミュージック・フィルムショー/85年代1弾・大画面とスーパーサウンドによるライブ感覚〉「ザ・ローリングストーンズ」3月4〜22日〈ドイツ・ハンガリー映画祭〉「哀愁のトロイメライ」「ベロニカ・フォスのあこがれ」「アナザウェイ」「哀愁のトロイメライ」5月8〜17日〈ヨーロッパ映画で語る・ジャブ50一周年記念プログラムPART2〉〈アラン・タネール特集〉「ジョナスは2000年に25才になる」「光年のかなた」6月12日〈ルイ・マル特集〉「恋人たち」「死刑台のエレベーター」6月26日〈第1回吉祥寺映画祭〉7月20日〜8月2日〈ファンタスティック・イリュージョナル・シネサマー〉「世にも怪奇な物語」「美女と野獣」8月3〜30日「ストップ・メイキング・センス」★8月3日スペース・スクワットがオープン(★スペース・スクワット)8月3〜4日連続パフォーマンス〈色恋サタデー ホラーサンデー〉8月31日〜9月13日〈ハリウッド・クラシックス Vol.Ⅰ〉「心の旅路」「ガス燈」10月12日〜11月4日〈ソビエト映画特集〉「ふたりの駅」「ビルクスの審問」(*監督挨拶)11月25日〜12月13日「惑星ソラリス」「ストーカー」
ジャヴ501月26日〜2月1日「機械じかけのピアノのための未完成の戯曲」3月2日〜4月5日〈ドイツ・ハンガリー映画祭〉「ことの次第」「ハンガリアン狂詩曲」「エゴン・シーレ」「アナザウェイ」「嘆きの天使」「リリー・マルレーン」4月6〜26日〈ヨーロッパ映画で語る・ジャブ50一周年記念プログラムPART1〉《ユーロスペース・コレクション 一般上映館初公開/ドイツ表現主義》「カリガリ博士」「ヴァリエテ」/《フリッツ・ラング》「死滅の谷」「ジークフリート」/《西ドイツ映画のニューウェーヴ》「カスパー・ハウザーの謎」「自由の代償」「さすらい」「秋のドイツ」「シナのルーレット」6月7日音楽〈少年ナイフ in シネマハウス〉7月6日〜8月16日〈ファンタスティック・イリュージョナル・シネサマー〉「妖婆・死棺の呪い」「禁断の惑星」「ファンタスティック・プラネット」「銀河鉄道の夜」〈ソビエト・アニメファンタジー Vol.2〉「三人のデブ」「追憶列車」「霧につつまれたハリネズミ」「ちょうちょ」他2本8月3〜16日〈サマーギフトムービー・蘇るネオロマン第1弾〉「フランケンシュタインの怪獣・サンダ対ガイラ」「モスラ対ゴジラ」「妖怪大戦争」「妖怪百物語」8月17〜30日「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」8月17〜30日〈サマーギフトムービー・蘇るネオロマン第2弾〉「花祭底抜け千一夜」「エノケンの天国と地獄」「銀座カンカン娘」「青春ジャズ娘」8月31日〜9月27日〈ハリウッド・クラシックス Vol.Ⅰ〉「イースター・パレード」「ショウ・ボート」「三人の女」「ラ・パロマ」10月12日〜11月8日〈ソビエト映画特集〉「戦艦ポチョムキン」「小犬を連れた貴婦人」「鬼戦車T34」「狩場の悲劇」「スタフ王の野蛮な狩り」「オプローモフの生涯より」「カラマーゾフの兄弟」「アンナ・カレーニナ」「インタビュアー」11月30日〜12月31日〈ソビエト映画アンコール上映〉「機械じかけのピアノのための未完成の戯曲」「話の話」「霧につつまれたハリネズミ」「ノスタルジア」「カルメンという名の女」「鏡」「ピロスマニ」
1986年
バウスシアター12月8〜14日「火山のもとで」3月1〜28日〈ハリウッド・クラシックス Vol.Ⅲ〉「暴力教室」「地下鉄のザジ」「鬼火」4月12〜18日「アンナ・マグダレーナ・バッハの日記」4月19〜25日「白い町で」「そして船は行く」4月26日〜5月25日「注目すべき人々との出会い」5月26日〜6月5日「アントニオ・ダス・モルテス」「黒い神と白い悪魔」6月15日〜7月18日「ブラザー・フロム・アナザー・プラネット」「ブルー・タートルの夢/スティング」(★スペース・スクワット)7月12〜18日〈BAUS特別上映会〉「チャオ・パンタン」(★スペース・スクワット)7月26日〜8月8日〈BAUS特別上映会〉「放蕩息子の帰還」10月25日〜11月7日「山の焚火」11月18日イベント〈バロウズ+デコーダー 2DAYS〉「バロウズ」(トーク:武邑光裕、浅田彰)
ジャヴ501月3〜31日〈ハリウッド・クラシックス Vol.Ⅱ ボギー〉「カサブランカ」「マルタの鷹」「三つ数えろ」2月1〜28日〈寺山修司映像詩〉「草迷宮」「ボクサー」「トマトケチャップ皇帝」「書見機」「蝶服記」「消しゴム」「迷宮譚」「質問」「田園に死す」「審判」「檻囚」「書を捨てよ町へ出よう」3月1〜21日〈ハリウッド・クラシックス Vol.Ⅲ〉「成功の甘き香り」「情婦」3月22〜28日〈恐怖劇場・アンバランス〉「木乃伊の恋」「殺しのゲーム」「仮面の墓場」4月12〜18日「インディア・ソング」4月19〜25日〈デュラス、ヴィスコンティ16ミリ2本立て〉「ヴェネツィア時代の彼女の名前」「ヴィスコンティの肖像」5月17日〜6月9日〈ハリウッド・クラシックス Vol.Ⅳ/MGM VIVAミュージカル〉「踊る大紐育」「夜も昼も」「オズの魔法使」6月21日〜7月4日〈メグレ警視シリーズ〉「サン・フィアクル殺人事件」「パリ連続殺人事件」6月21日〜7月18日「半分人間・アインシュテュルシェンデ・ノイバウテン」「ベルリン・美しき夢」(16ミリ)7月19日〜8月29日「ピンク・フラミンゴ」8月9〜29日「フィメール・トラブル」8月30日〜9月15日「夢見るように眠りたい」8月30日〜10月3日〈邦画NEW WAVE集〉「それから」「ビリィ★ザ★キッドの新しい夜明け」「廃市」「星くず兄弟の伝説」「逆噴射家族」10月4日〜11月7日〈ハンガリー映画祭〉「ザ・バルチャー/哀しみの叛逆」「止った時間」「日記」「アナザウェイ」「メフィスト」「コンフィデンス・信頼」「ハンガリアン狂詩曲」「ハンガリアン」「だれのものでもないチェレ」「丘の上の夏」「ハンニバル教授」
1987年
バウスシアター11月2〜21日「ブルー・タートルの夢/スティング」「ストップ・メイキング・センス」4月4〜24日「子供たちをよろしく」7月13〜31日「デヴィッド・バーンのトゥルー・ストーリー」7月13日〜9月4日「ジミ・ヘン&オーティス/ライブ・アット・モンタレー」8月1日〜9月4日〈Music Film Show〉「ザ・ローリングストーンズ」「ストップ・メイキング・センス」「ロッカーズ」「ハーダー・ゼイ・カム」9月5〜21日「ローリー・アンダーソン/0&1」9月19日〜10月3日〈デレク・ジャーマン・フィルムコレクション〉「エンジェリック・カンヴァセーション」「クィーン・イズ・デッド」「ブロークン・イングリッシュ」9月22日〜10月6日「ランボー・地獄の季節」10月2日特別上映〈デレク・ジャーマン来館記念〉「テンペスト」(*デレク・ジャーマン監督とのディスカッション)12月1日イベント〈「1000年刻みの日時計 牧野村物語」東京上映若手監督シンポジウム〉(出演:石井聰亙、山本政志、小池征人、西山正吾、青池憲司)
ジャヴ501月24日〜2月20日〈ソビエト青春映画特集〉「陽気な連中」「ジャズメン」「愛の奴隷」「落葉」「青春賛歌」「シベリア物語」2月21日〜3月13日「人生の幻影」「今宵かぎりは…」(16ミリ)4月25日〜5月22日〈寺山修司映像詩第二集〉「一寸法師を記述する試み」「マルドロールの歌」「疱瘡譚」「二頭女」「草迷宮」「ジャンケン戦争」「書を捨てよ町へ出よう」「上海異人娼館/チャイナ・ドール」「田園に死す」「さらば箱舟」「消ゴム」5月23日〜6月19日「レポマン」5月30日〜6月19日「エル・トポ」6月20日〜7月3日「サブウェイ」「ノスフェラトゥ」9月19日〜10月26日〈デレク・ジャーマン・フィルムコレクション〉「スウロン・スクエア」「イン・ザ・シャドウ・オブ・ザ・サン」「TGサイキック・ラリー・イン・ヘブン」「バイレント・テープ」「ドリーム・マシン」「イマジニング・オクトーバー」「カラヴァッジオ」12月1日〜2月5日「1000年刻みの日時計 牧野村物語」12月1〜29日「ニッポン国・古屋敷村」
1988年
バウスシアター13月5日〜4月28日「ラスト・ワルツ」「盗まれた飛行船」「水玉の幻想」4月29日〜5月15日〈大インド映画祭〉「ゴアの恋歌」「渡河」「音楽ホール」「炎」「第一の敬意」「青春の終着点」「放浪者」「ねずみとり」「夫になりたかった幽霊」「塩」「思い出の中から」「乾き」「事件の解決」「熱風」「ストリート・シンガー」「2エーカーの土地」「コートニース博士の不滅の生涯」「パニおばさん」「三日月」「門出」「えび」「雲のかげ星宿る」「踊り子」「お水よお水」5月16〜30日〈寺山修司・映像詩/第三集〉「草迷宮」「田園に死す」5月21〜22日特別プレミア上映〈韓国映画特集・李長鎬スペシャル〉「神代ここに光を」「寡婦の舞」「外人球団」「一松亭の青松は」「風吹く良き日」「旅人は休まない」7月18日〜9月9日「ラスト・オブ・イングランド」7月18日〜9月14日特別レイトショー「テンペスト」12月20日〜1月15日「ロッキー・ホラー・ショー」
ジャヴ504月18日〜5月21日〈寺山修司・映像詩/第三集〉「さらば箱舟」「上海異人娼館/チャイナ・ドール」「初恋・地獄篇」「書を捨てよ町へ出よう」「ボクサー」「サード」7月18日〜8月3日〈ALL THAT PFF PFF10年の全てを見せる12日間〉《映画監督への道》《美しい感性》《高校生革命》《青春のヘンタイ》《新エンタテイメント》《映画的衝動》《ウーマン》《「雷魚」プレミアショウ》《バスの逆襲》《斉藤久志特集》《園子温&風間志織特集》8月6日〜9月2日〈ソビエト・アニメーション・フェスティバル〉《第1期/レイン・ラーマットの世界》《第2期/ユーリー・ノルシュテインとウラジーミル・ペトケーヴィチの世界》《第3期/テーマ別ベストセレクション》11月12〜14日〈香港電影博〉「関心楽園」「ゴールデン・スワロー/魔翔伝説」「迷宮少女」「ツイ・ハークのチャイニーズ・ファーストLOVEストーリー」「関心物語」「ハートビート100」「最後勝利」「トップレディ」11月26日〜12月9日「チェルノブイリ・クライシス」「チェルノブイリ・シンドローム」12月10日〜1月27日〈ジョン・セイルズ監督特集〉「セコーカス・セブン」「ベイブー・イッツ・ユー」「ブラザー・フロム・アナザー・プラネット」「メイトワン・1920」「リアンナ」
1989年
バウスシアター11月16〜27日「ファントム・オブ・パラダイス」5月13〜27日〈オランダ映画祭〉「時間のない家」「タフ」「水の味」「4番目の男」「カウント・ユア・ブレッシング」「アベル」「エッグ」「ポインツマン」「アイリス」「バニシング」「ワン・マンス・レイター」「レンブラント」7月22日〜8月24日〈サンリオアニメ・フェスティバル〉「キキとララの青い鳥」「マイメロディの赤ずきん」「ハローキティのシンデレラ」7月22日〜8月24日〈THE MUSIC FILM LAND〉「ザ・メタル・イヤーズ」「ザ・ビーチ・ボーイズ/アン・アメリカン・バンド」「チャック・ベリー/ヘイル・ヘイル・ロックンロール」「サムシング・ワイルド」9月21日〈無声映画館〜リリアン・ギッシュとD・W・グリフィス〉「スージーの真心」「幸福の谷」(トーク:内田春菊、蛭子能収)10月17〜28日〈オーストラリア映画祭1989〉「サンデー・トゥー・ファーラウェイ」「キャプテン・ハーレイ探検記」「バック・オブ・ビヨンド」「キラーカーズ・パリを食べた車」「ボディ・クロス/殺しは危険な香り」「スウィーティー」「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」「トワイライトゾーン・超次元の体験」「君といた丘」「バイオレンス・イン・ザ・シネマ PART1」「マッドマックス2」「マッドマックス・サンダードーム」「虐殺の儀式」「ドリーミング」「クライ・イン・ザ・ダーク」12月26日〜2月2日「ファンシイダンス」(*26日/トーク:周防正行監督)
ジャヴ501月2〜27日「リアンナ」1月28日〜2月17日「ウラジーミル・レーニンの想い出」4月15〜28日「マレーネ」「嘆きの天使」7月14日〜8月24日〈ソビエト・アニメーション・フェスティバル〉《オープニング・ロードショウ 巨匠イワノフ=ワノ監督遺作「サルタン王物語」他》《漫画映画・PARTⅠ》《ソビエト・アニメーション・フェスティバル》《人形アニメーション・PARTⅠ》《漫画映画・PARTⅡ》《人形アニメーション・PARTⅡ》《夏休み特別番組「せむしの仔馬」他》《'87 '88 最新作初公開》《ガリ・バルディン監督の世界》《ユーリー・ノルシュテイン特集》《フョードル・ヒートルーク監督特集》《レイン・ラーマット監督特集》《アンコール上映》9月1〜20日〈黄金のシネマテーク〉「海外特派員」「果てなき船路」「奥様は魔女」「生きるべきか死ぬべきか」

milk_btn_pagetop.png