印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



updated 2014-06-30

『吉祥寺バウスシアター 映画から船出した映画館』(ラスト・バウス実行委員会著・編/boid発行)載録の年表より抜粋

1984年
3月1日〈ムサシノビタミン劇場〉(出演:キモサベ社中、牧田博、ミスター梅介、コント・パロル、あたりとしお、中村ゆうじ他)
3月2〜4日〈仲野文悟プロデュース〉「天国がくれたホームラン」
3月23〜27日〈だるま食堂〉「恋の東京、リキュールで更けて」
4月7〜9日〈タラフマラ劇場〉「1984・日向で眠れ」(作・演出:小池博史)
4月12〜16日〈音楽座〉「ヴェローナ物語」(作:横山由和、演出:五十嵐進)
4月20〜24日〈音楽座〉「組曲楽園」(作:横山由和、演出:五十嵐進)
4月25日〈草村礼子一人芝居〉「精霊流し」
6月4日〜10日〈丹波道場〉「輪舞葬法」
6月23〜25日〈タラフマラ劇場〉「黒のソーラーゲーム」(作・演出:小池博史)
6月29日〜7月20日〈劇団3◯◯〉「瞼の女 まだ見ぬ海からの手紙」(演出:渡辺えり子)
9月21〜25日〈燐光群〉「オルレアンのうわさ」(演出:坂手洋二)
11月17〜23日〈新芸座〉「イルクーツク物語」(演出:赤沢勇司)
11月28日〜12月2日〈アジア劇場〉「砂のシェラザード」(演出:林英樹)
11月24〜25日〈石井満隆舞踏〉「自在の2」
12月4〜6日〈早大ミュージカル研究会〉「浪漫的運命論」(作:田所菜穂子)
12月11〜14日〈コント赤信号〉「白いEXIT」(演出:秋元康)
1985年
6月5〜10日〈OFFICE SAE〉「つくば発 緊急発進・指令」(作:栗原佳子、演出:瓜生良介)
6月19〜24日〈万有引力〉「砂漠の動物園」(作・演出:J・A・シーザー)
9月21日〈コント赤信号〉
9月27日〜10月10日〈状況劇場〉「御注意あそばせ」(李麗仙企画公演、作:唐十郎、演出:山崎哲)
11月9〜11日〈D・Bカンパニー〉「天使たちのバラード」(作:小嶋次郎、演出:古田良全)
11月13〜14日〈エビアン・ダンス・カムパニー〉「スタイリッシュ・ラブ〜ショー・トレーン」(作・演出:高谷信之)
11月16〜17日〈小野寺丈 ACT&LIVE〉「エンジェルにはなりたくない」他(作・演出:小野寺丈)
11月20〜24日〈篠原雅央事務所〉「誤解」(作・カミユ、演出:山内泰雄)
1986年
1月11〜15日(★スペース・スクワット)〈星空通信社 第5回公演〉「胸からシメジが生える」
2月22〜23日〈イエキダンスカンパニー〉「First performance by Tomomi」(構成・振付・演出:磯木とも実)
4月18〜20日(★スペース・スクワット)〈ゆい企画主催〉「ジンジャー・ブレッド・レディ」
6月2日〈星空通信社〉「桜の園・湘南編」(作・演出:北川一明)
6月7〜8日〈演劇グループ十八米四十糧〉「AGAIN 鏡・夢・舞子の…」(作・演出:みつふじひろあき)
11月22〜23日〈アクト ジャズダンスカンパニー〉「アーバン・ダンシング・ドリーム」(演出:荒木善信)
11月26〜30日〈夢屋〉「海の幸 イザナギ イザナミと五千年戦争」(作:天恩光)
12月6〜12日〈遊◉機械 全自動シアター〉第6回公演「眠らない僕の夜」(演出:吉沢耕一)
1987年
5月27〜31日〈パパ・タラフマラ〉「熱の風景」(演出:小池博史)
6月3〜7日〈月蝕歌劇団〉「女神ワルキューレ海底行」(作・演出:高取英)
6月12〜14日〈創価大学演劇部〉第14回卒業記念公演「上海バンスキング」(作:斉藤憐)
6月20〜28日〈万有引力〉「劇底二万哩」(構成・演出・音楽:J・A・シーザー)
7月3〜4日〈ウィザー〉「HOME」(演:大下富雄)
7月7日〈CHICA NAITO MARIKO ADACHI〉ダンス「Take the First」(演出:SANAE TOMINA)
7月10〜12日〈解体社〉「TIS A NIGHT LIKE THE THEATRICAL P-TIME」(作・構成・演出:清水信臣)
10月9〜13日〈OFF★OFF★OFF〉「ラスト・シミュレーション」(演出・品川能正)
10月22〜25日〈キンダースペース〉「木星号帰還せず」(演出:原田一樹)
11月5〜8日〈劇団丹波〉第5回公演「渡る世間は鬼ヶ島!?」(演出:吉岡拓)
11月10〜15日〈火の鳥〉「さらば雪の浅間山1960狼達の挽歌」(演出:小松越雄)
11月21〜23日〈劇団20世紀急行〉第10回公演「HAPPYアイスクリーム」(作・演出:瀬川朔)
11月27日〜12月6日〈パパ・タラフマラ〉「アレッホ 風を讃えるために」(作・演出:小池博史)
1988年
6月1〜5日〈劇団丹波〉第6回公演「フーリング こんな汚い街の片隅」(演出:上條尚)
6月14日〈のん企画主催〉「十五少年漂流記」(作・演出:元木すみお)
6月16〜19日〈ミヤギサトシショー〉「菊燈台」(演出・構成:宮城聰)
6月23日〜7月3日〈山の手事情社〉Vol.11「PART2 改訂」(演出:安田雅弘)
7月7〜10日〈アイソトニックシアター・ポカリ〉「1988・まず健康 イオンザウルス彼方へ…」(作・演出:山下哲)
10月15〜16日〈チェルノブイリの子供たち 上演実行委員会〉「チェルノブイリの子供たち」(演出:松橋勇蔵)
10月27日〜11月6日〈ネヴァーランド・ミュージカル・コミュニティ〉「Zの熱血」(作・演出:堤泰之)
11月10〜14日〈パパ・タラフマラ〉「海の動物園」(作・演出:小池博史)
11月18〜23日〈月蝕歌劇団〉「若草物語 マックスウェルの悪魔」(作:高取英、演出:安西水丸)
12月1〜4日〈アイソトニックシアター・ポカリ〉「勇気100点 イオンザウルスの緑」(作・演出:山下哲)
12月7〜11日〈キンダースペース〉「罪と罰」(作・演出:原田一樹)
12月13〜18日〈劇団OFF★OFF★OFF〉「よいこのゆううつ」(作・演出:品川能正)
1989年
6月2〜4日〈劇団アトム・レプリカ〉「ムーンチャイルド・ノー・リターン」(原作・演出・音楽:古川日出男)
6月15〜18日〈劇団異邦線〉「ピルエット」(作・演出:渡辺後世)
7月6〜9日(ジャヴ50)コント〈びにっくす&びにっくす SUMMER PARTY in ジャヴ50〉(出演:小川英樹、渡辺浩章、広椿)
10月7〜8日〈橘保喜ダンススタジオ〉「JINGO」(作・演出:橘保喜)
10月13〜15日〈砂利夢〉「冬の蝉」(作:遠藤宣朗、演出:牧口泰英)
11月17〜30日〈劇団3○○〉「踊る砂の伝説」(作・演出:渡辺えり子)
12月(ジャヴ50)〈パパ・タラフマラ〉「カラーズ・ダンス」(作・演出:小池博史)
12月6〜11日〈東京プレイマップスシアター〉「シガリロと蛇天使」(作・演出:斉樹潤哉)
12月14〜17日〈Fuらっぷ斜〉「飛ぶ教室」(作・演出:吉岡友治)
12月22〜24日〈早大ミュージカル研究会〉「ギャンブラーズ」(作・演出:村田直恵)
1990年
2月8〜12日〈青蛾館〉「上海異人娼館」(原作:寺山修司、構成・台本:岸田理生、演出:青蛾)
3月2〜18日〈うらら舎〉「少女仮面」(作:唐十郎、演出:李麗仙)
5月19〜20日〈フロントホック〉「帰郷」(演出:堤ユキヒコ)
5月24〜27日〈劇団異邦線〉「魔法のランプ」(作・演出:渡辺後世)
7月4〜8日〈YUJIN Vol.1〉「小舟注意報」(演出:宮永雄平)
7月10〜15日〈在日朝鮮人演劇週間〉「再生」(徐商珏、鄭順一)、「朝の国に天馬よ天馬よ」(作:金智硯、演出:金正浩)
11月1〜4日〈ファニータンク〉「リチャードになりたくて」(作・演出:須藤保)
11月9〜11日〈舞踏舎 天鶴'90〉「永久追放」(作・演出:鳥居えびす、舞踏手:鳥居えびす、田中陸奥子)
11月16〜25日〈離風霊船〉「地球サイズのハムレット」(作・演出:伊東由美子)
1991年
10月23〜27日〈池田塾〉第7回公演「TETSUKO殺人事件」(作:芝風美子、演出:池田定幸)
10月30日〜11月3日〈劇団アラン三世〉'91公演「フェオリ・竜巻」(作・金智碩、演出:金智碩・金正浩)
1992年
3月30〜31日〈草村礼子と友だちによる「いのちの讃歌」〜日中国交回復20周年を祝って〜〉(構成:服部和、草村礼子、演出:野口ひろとし)
4月6日〈草村礼子・一人芝居〉「じょんがら民宿こぼれ話」
10月28日〈Hero&Lei企画〉「ロブン島刑務所」(演出:野口ひろとし)
11月20〜22日〈ビタミン大使ABC〉「ホライズン」(演出:宮川賢)
11月25〜29日〈uフィールド〉「グレー2〜Going Home」(演出:井上弘久)
1993年
2月28日〜3月5日〈北野辰二困民楽団〉「胡蝶の鎮魂歌」(作・演出:北野辰二)
3月12日〈劇団フライングステージ〉「夜のとなり」(作・演出 関根信一)
6月25日〜7月4日〈スーパータンクプロデュース〉「ドナドナ」(演出:飴屋法水)
10月29日〜11月7日〈万有引力〉「SUNA(=砂漠の動物園)」(作・演出:J・A・シーザー)
11月10〜14日〈ジェラス ガイ カンパニー〉「俺達も天使じゃない」(演出:岸田良夫)
12月1〜5日〈北野辰二困民楽団〉「渤海の箱舟」(作・演出:北野辰二)
1994年
6月4〜5日ミュージカル〈日大芸術学部ミュージカル研究会〉「乱凱 七つの大洋の征服を見た」(作:斉藤栄作、演出:中野成樹)
6月7〜12日〈黒テント〉「窓際のセロ弾きのゴーシュ」(原作:宮澤賢治、演出:斉藤晴彦・山元清多)
7月1〜3日〈ナイロン100℃〉「喜劇 箸の行方」(演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ)
11月1〜9日〈TOKYO ROCK'N PARADISE〉「OVER THE FENCE」(作・演出:布施博)
11月17〜20日〈東京バルラカ〉「酸素犬」(原作:河野犬、構成:三橋純、演出:和栗正明)
1995年
2月10〜12日〈ダンスダンス・アンソロジー〉「temps eau after G」
2月15〜19日〈カレイドスコープ〉「月狩夜」(作・演出:北村文乃、相良佳子)
3月29日〜4月9日〈大人計画〉「COUNT DOWN」(作・演出:松尾スズキ)
6月2〜4日〈演劇倫理委員会〉Vol.7「おじさんの屋台」(作:荻野美和、演出:筑紫陽)